スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照ノ富士の夢は続き、宝富士の夢は潰える十四日目


1敗の白鵬は稀勢の里を、2敗の照ノ富士は逸ノ城をそれぞれ下し、1差は変わらず。
今日千秋楽、白鵬の相手は日馬富士、照ノ富士は豪栄道。
白鵬が勝って照ノ富士が負ければ白鵬34回目の優勝、
白鵬が負け照ノ富士が勝てば、決定戦となる。


白鵬の変化に稀勢の里横転

○白鵬<東横綱13-1>(つきおとし)稀勢の里<東大関8-6>●

立ち合い稀勢の里激しく当たっていけば、
白鵬右へ変化し、仕切り線上あっさりと突き落とす。

まさかの白鵬注文相撲。
大一番を期待した満員の観衆は茫然。

横綱の変化を批判してもいいところだが、
今日の稀勢の里は相手も見ずに頭から突っ込んでいった。
しかも一歩目は両脚でのカエル飛びのようなジャンプ。
どうか逃げてくださいというような立ち合いでは、
白鵬もハイ分かりましたと身を引くしかなかった。

白鵬が2敗となり、優勝争いのさらなる盛り上がりが期待されたこの一番。
稀勢の里がKY(死語)振りを遺憾なく発揮したと言えば言えるのだが、それにしても発揮し過ぎであった。
なにもここまでしなくても。


またも水入り大相撲、と思いつつ両者の稽古環境を想像

○照ノ富士<東関脇12-2>(よりきり)逸ノ城<西前一・8-6>●

右相四つの両者、立ち合って右を差し合い、互いの上手を牽制。
先に逸ノ城が上手を引き、東土俵に寄るが照ノ富士のこす。
やがて照ノ富士も上手を引き、逸ノ城の上手を切ると頭をつけ、東に攻め込む。
しかし逸ノ城半身になってこらえれば、照ノ富士攻めきれず。
逸ノ城土俵中央に戻し再び上手を引くと、右四つガップリで胸が合う。
ここで3分以上経過、水が入る。

休憩後再開。
双方引き付け合った後、照ノ富士左の出し投げで崩し逸ノ城の右腰に食いつくと、
勝機とみて正面に寄りたてれば、逸ノ城残す腰無く土俵を割る。

先場所に引き続き、水入りの大相撲。
今場所もいささか大雑把な相撲だったが、
前回はいきなり右四つがっぷりに組み合っての力比べだったのに対し、
今回は互いの上手を牽制しあうなど、両者に進歩が感じられた。

特に照ノ富士は昨日の白鵬戦でも見せた向こうづけ、
あるいはおっつけて上手を引く、出し投げで崩すなど、
先場所の対戦ではあまり見られなかった動きを連発。
結果的にテクニックの差で勝利をつかんだ。

プロとしてのキャリアは照ノ富士の方が3年近く長いので、
この差は当然と言えば当然ではある。
ただ逸ノ城も成長してはいるのだが、照ノ富士の伸びがあまりにも急で、
ライバルに置いてけぼりを喰らったような、そんな印象だった。

同時に感じるのは、両者の稽古環境の違い。
普段から日馬富士、安美錦、宝富士、誉富士と言った、
伊勢ケ浜多士済々のメンツと稽古ができる照ノ富士。
いっぽう逸ノ城は湊部屋において部屋頭。
しかも自分以外は三段目4人、序二段1人という、極めて侘しい状況にある。
格下ばかりが相手では、胸で受けるような相撲もつい増える。
踏み込んで前に出るような稽古はなかなかできない。

もちろん当人も親方も、そのあたりは承知で出稽古などに励んではいるのだろう。
しかし関取が下のものを年中ほったらかし、というわけにも行かないはずだ。
今日の一番など見ていると、環境って大事なのね、とつくづく思う。
2人はライバルと見なされてはいるが、このままでは着々と差が開きそうな予感も。


宝富士、自分の四つに組みながら栃ノ心に苦杯

○栃ノ心<西前四・7-7>(したてなげ)宝富士<西前二・7-7>●

栃ノ心右、宝富士左のケンカ四つ。

立ち合い激しい差し手争いから、組み勝ったのは宝富士。
左四つとなって両ミツを引くと、栃ノ心が右を巻き替えるハナ、
勝機と西土俵に寄りたてるも、右の上手は一枚まわし、
栃ノ心の下手投げに泳がされ、あわてて土俵中央に戻る。
栃ノ心の右、宝富士の左の激しい差し合いののち、
宝富士栃ノ心の右おっつけに負けず強引に左をねじ込み、
行ける、と正面に出たところ、栃ノ心反対の左下手から強引に投げれば、
宝富士もろくも一回転。

差し手に拘りすぎて、上手からの防御を忘れてしまった宝富士。
深々とした一枚まわしで、栃ノ心の左下手を自由にしてしまった。
逆に言えば栃ノ心の左からの攻めが、それだけ激しいものだったのだが。

かくして新三役を目指す宝富士の勝ち越しはお預けに。さらに…


誉富士近大アシストならず、宝富士の夢は潰える

●誉富士<東前七・5-9>(はたきこみ)妙義龍<西小結8-6>○

三役4人のうち、唯一勝ち越しも負け越しも未確定だった妙義龍。
ここが落ちれば宝富士新三役の芽も出てくる。
近畿大学の1年先輩、かつ部屋の兄弟子である誉富士の援護射撃を望みたいところだったが。

立ち合い妙義龍鋭く前へ出ると、誉富士は東土俵へ後退。
赤房から白房へと回り込むも、土俵際から反撃にでるハナ、
妙義龍の叩きこみを喰らう。

かくして妙義龍は勝ち越し。来場所の三役の座を死守した。
誉富士は地力の違いに加え、足の負傷もあって7日目から連敗が続いていた。
昨日は冗談でこんなことも書いたが、人の援護どころではなかったかも知れない。
ごめんね誉富士。

ともあれかくして、照ノ富士、栃煌山、逸ノ城、妙義龍と来場所の三役の枠はすべて埋まる。
宝富士は先場所の雪辱を晴らすことならなかった。
しかしまだ7勝7敗。今日千秋楽に勝って勝ち越しとなれば、来場所の筆頭は間違いない。
7月名古屋での新三役に向けて、大事な相撲である。
相手は10枚目でこちらも勝ち越しをかける旭秀鵬だが、実力はこちらの方が数段上。
まず落とすことはないだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。