スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケガの人、病気の人

《北勝力、負傷の理由》

秋場所、高見盛戦で首を怪我して復帰が危ぶまれている北勝力。
その理由について、経験者ならではの考察が。

「引退の危機?」尾崎勇気のきばるぞ!

北勝力は先場所の高見盛との一番で首を負傷。突き押しが主体の北勝力が、この一番は珍しく立ち合い、もろ差しを狙いにいきました。おそらく前日の若の里―高見盛の取り口を参考にしたのでしょう。

若の里は「腕をクロスしながら頭でぶちかます」という、もろ差しになるにはかなり有効な立ち合いで、高見盛戦は10連勝しています。北勝力は若の里が毎回この形で勝つのを見て、高見盛にはこの立ち合いが有効と思ったのではないでしょうか。

実際に相撲を取った人なら分かると思うのですが、この立ち合いは頭一点で当たるために、ダイレクトに首に衝撃が走ります(普通の頭で当たる立ち合いは、突き放す腕の支えなどで、ある程度衝撃を分散できます)。これをやるには、首を保護するための僧坊筋の発達と、何より当たる角度やタイミングを普段の稽古で、同レベル相手にしっかりとやっておく必要があります。

北勝力は幕内でも屈指の強烈な突き放しがまだまだ健在なだけに、慣れない立ち合いで大怪我してしまったことが、非常に残念です。


なるほどそういうことだったのか。
腕をクロスする立ち合いって言うのは、琴光喜がかつてよくやっていました。
(もっとも琴光喜は肩から当ってましたけど)
これをいつももろ手突きの人が試みて、失敗してしまったというお話し。

原因が分かった所で状態が心配ですが、本人はやる気だというのが心強い。
あの何を考えているやらさっぱり分からない顔で、
大勝ちと大負けを平気でくりかえす妙な相撲っぷりをもう一度見たい。

とはいえあの尋常じゃない倒れ方を思うと、無理はしないでいただきたい。
見る側は複雑ですね。




《がんばれ正直、がんばれ玉光》

あと、こちらはもう秋場所前の記事で古いのですが、
行司の動向なんてそうそう記事になるものでもないので止む無し。

初日から三役格行司2人が休場「肝細胞がんの疑い」(スポニチ)

大相撲の三役格行司、木村正直(57)=本名山内幸久、岐阜県出身、朝日山部屋=と木村玉光(60)=本名上田延秀、京都府出身、放駒部屋=が秋場所初日の12日、日本相撲協会にそれぞれ診断書を提出して休場した。

 木村正直は「肝細胞がんの疑いで2、3カ月の休業が必要」と診断された。右足甲の負傷で名古屋場所を途中休場した木村玉光は「復職までになお約1カ月の安静を要す見込み」との診断書を出した。

[ 2010年09月12日 14:04 ]


どちらも心配ですが、特に正直は病気が病気だけに気になるところ。

とかく「うるさい」「でしゃばりすぎだ」と評判の悪い正直ですが、個性派行司として私は大好きです。

あの「この一番を裁くのは俺なんだ!」といわんばかりに滲み出る自意識、
時間一杯になると「あわしてあわしてぇ」とガナリ立て何としてもフェアな立ち合いを求める気高さ、
それでも己の目で合わないと見るや何度でもやり直させる硬骨漢振り。
確か日馬富士は5回くらいやり直させられたこともありましたね。
仕切りなおすたびに冷え切ってゆく場内の空気、
それを全く読まずにやり直しを命じ続ける正直の姿には、後光がさして見えました。

力士にとってはやりにくい行司かも分かりませんが、見る側にとっては稀代のエンターテイナー。
行司が楽しませてどうするって気もしなくもないですが、やはりあの勇姿に再びあいたいもの。

治癒復帰を心より願っております。

スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。