スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土俵の大きさは今のままでいいかどうか(2)~やはり16尺土俵を~

先日書いた土俵拡大論の続きです。

それでは現行の土俵が今の力士たちの体格からして狭い、とすれば
はたしてどれくらいのサイズに広げたらよいのか、考えてみます。

やはりおよそ80年前の15尺土俵制定時にくらべ10センチも伸びた、
平均身長から考えるのが妥当でしょう。

身長≒両手を広げた長さ、ですから、
土俵にあがる二人の力士のリーチの合計と土俵の内径との比率。
これを約80年前と現在とでくらべてみます。

まずは昭和6年(1931年)、
現行の15尺(455センチ)土俵制定時の
幕内力士の平均身長は前に見たとおり176センチ、二人のリーチ合計は352センチ。
土俵内径455センチとの比率は「1:1.3」となります。

s6zushi

言ってみればこの比率が、昭和6年当時に攻防があってよろしいとされた
力士の体格と土俵との適正な比率ということになるでしょう。


これに対し約80年後の平成22年(2010年)現在、
幕内力士の平均身長は186センチ、二人のリーチ合計は372センチ。
変わらず使われている土俵内径との比率は「1:1.2」になってしまいました。
それだけ土俵が力士たちにとって狭くなったということです。

h22zushi

そこで今度は現在の力士たちの寸法と、
80年前の土俵制定時の比率「1:1.3」から、
今日適正な土俵のサイズを割り出してみます。すると

土俵と力士寸法risoukanweb

「484センチ」という数字が出てきます。
この数字、実は尺でいう16尺=485センチとほぼ同じなのですね。
つまり今の力士たちに昭和6年の感覚で攻防のある相撲をとってもらうとすれば、
16尺土俵が適正、ということになります。

16尺土俵といえば、大相撲ファンが思い出すのは双葉山引退のエピソードでしょう。
終戦後、進駐軍の目を楽しませる目的で当時の相撲協会が土俵を15尺から16尺に拡大、
これに対し当時の横綱双葉山は、狭い土俵で技を競い合うのが大相撲である、と反発、
引退を決め、力士会の反対も強く、結局土俵は15尺に戻った…というおはなし。

しかし昭和の初めと今とでは、見てきたように体格差は歴然たるものがあります。

今の力士の身長、足の長さでは土俵に十分回り込む余地がないため、
パワーを行かした単調な取り口が増え、これに負けまいと皆体重を増やす。
やがて体重が増えすぎて、みな簡単に前に落ちる、ケガもする、稽古も減る。
するとますます相撲が単調になる…といった悪循環があるように思います。

もう一足、土俵に余裕があれば、土俵際の攻防も激しくなり、
これでは勝てないと力士たちの体重もおのずと抑制されていくでしょう。
そうなると安易な引き叩きも通用しなくなるし、ケガも減り、稽古量も増えて、
より面白い相撲が見られるようになるのではないでしょうか。

まあ現実にやるとなれば全ての部屋の稽古場を改修するなど、
かなり大掛かりなものになるはずです。
よほど不入りになるか、よほど理想に燃える理事が活躍しない限り
実現は難しいかもしれません。
そう思うとかなりハードルの高い課題かな、とも思うのですが、
いつか挑戦してほしいものです。







スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

土俵の大きさ云々は難しいですね。
そもそも攻防が単調に見えるのは仕切り線の存在や、単に稽古不足と研究不足で円を利用できていないのではという見方もありますし。
変えるとしても身長だけで決めていいのかという思いもありますし、取り口への影響が大きいので簡単には決められませんね。
巡業や花相撲で色々実験してみるのは面白いと思いますが。

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。

たしかに攻防が単調なのは、いろいろと要因があります。

仕切り線で力士同士の間に一定の距離が空くから、
注文相撲もあっさり決まってしまったり。
稽古も研究も足りないから回り込む動きもなかったり…

ただ仕切り線ができたのは昭和3年ですし、
それ以降の昭和の相撲は(というか私はそれしか知りませんが)
今より十分見ごたえがあったと思います。

稽古や研究を力士に求めても、なかなか難しいというか。
相撲を取る側の自覚に解決をゆだねても、簡単には行かない気もします。

いっそのこと、
ポンと環境を変えてしまうほうが手っ取り早いのではないかと。

それと身長だけで土俵の大きさを決めるのは…
まあ今読み返すとちょっと乱暴だったかな、とも思いますが。

ただ、今なら豊ノ島や磋牙司のような、
身長の低い、悪く言えば足の短い力士の足の運びを見ていると、
やっぱり身長で決めたほうがいい気もします。

背の高い、つまり足の長い人たちが、
狭いエリアで無理に回り込もうとするから、怪我も増える。
それこそ稽古も減る。
未だにそんな気がしてならないのです。

たとえば身長185センチの安美錦なんて、研究は十分しているでしょう。
でも今や下半身はガタガタ。
もったいないと思うのですよ。
あれだけ動ける(動けた?)人が、狭いフィールドに足を取られている気がして。

あと15センチ、あと30センチ、土俵に余裕があったなら…

力士の巻くサポーターをとやかく言う人もいますが、
そもそも環境はどうなの?
みなが昔より大きくなったスポーツで、出たの残っただのという勝負をしている。
それはフェアなことなの?



うーん…まぁ難しいのですけど。まずは試して欲しいですよね。
巡業なり、花相撲なりで。

取り口には十分影響するでしょう。
だけどそこから生まれるものこそが、大相撲の生き残る道とも思います(なんて)。

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。