スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日馬富士の苦闘


巡業中の先月25日右肩を負傷し、全治3週間の診断を受けた日馬富士。
つまり場所直前まで治癒には要するとのことで、出場もあやぶまれていたのですが、現在福岡で奮闘中。

5日金曜日の様子。

肩痛の日馬富士「出ます」=大相撲九州場所(時事)

大関日馬富士が5日、福岡県の太宰府天満宮内にある伊勢ケ浜部屋宿舎で軽くけいこをした。10月の秋巡業で右肩を亜脱臼したせいで、すり足のほかはゴムを使って肩の強化運動をした程度。もどかしそうに若い衆らのけいこを見守った。

しかし、九州場所は「出ます」と明言。肩の不安は隠せないが「(古傷がある)ひざの状態は良くなり、うずうずしている」。連勝を続ける白鵬を「意識している」とも言った。来週初めから土俵に入り、急ピッチで仕上げるつもりだ。


先場所特に目についた膝の不具合は大分いいようです。
しかし肩の方はいかんともしがたいらしい。翌6日土曜日は。

日馬富士、けいこ休み右肩治療/九州場所 (サンスポ)

右肩の負傷で10月の秋巡業を途中休場した大関日馬富士は、慎重な調整を続けている。6日の朝げいこは休み、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)によると福岡県志免町内の病院で治療を受けたという。

同親方は「そんなに簡単には休めない。出る」と、出場させることを明言した。先場所は左ひざなどに不安を抱えて8勝止まりだった。故障続きの弟子に、師匠は「体を大きくしないからこういうことが起こる。前から何度も言っているのに」と苦言を呈した。



ほとんどぶっつけになりそうな雰囲気ですね。
しかし最近の日馬富士を思うと、ケガの身を押して出てまた変なケガをするより、
一場所くらい休んで完全に癒えた状態で初場所に臨む方がいいんじゃないの
…なんて素人には思えるのですが。
そういうわけにはいかないらしい。

気になるのは親方の「体を大きくしないからこういうことが起こる」というセリフ。
130キロの軽量は太りたくても太れずにいるためと思っていたら、
どうも当人にその気がないような口ぶりです。

本人の真意は分かりませんが、
確かに今の体重で土俵狭しと動き回る取り口は、魅力満点。
常々「お客さんを喜ばせたい」と語る彼なりの美学があるのかもしれない。

あるいは体重の増加で膝の負担に苦しむ兄弟子安美錦の様子なども、
近くで見ていて何がしか影響しているのかも。

しかし軽量であるがゆえに押し込まれる相撲が増え、
結果的に膝のダメージが蓄積しているのであれば由々しき事態。太らねば。

個人的には子供のころ若嶋津を応援していたこともあり、
ソップ型の力士って大好きなんですけれども、今は難しいのかな。



スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。