スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州場所後雑感(1)~豊真将その1~

今場所は東の3枚目で勝負。
新三役めざし、9月場所から一枚下げた番付で
引き続き奮闘した豊真将でありましたが、結果は7勝8敗。
悲願の新三役は今場所も叶わなかった。

まずは序盤の3日間。

初日  ● 鶴竜  つきだし
二日目 ○ 栃煌山 おしだし
三日目 ○ 豪風  よりきり

初日こそ同じ一門で手の内も知り尽くす鶴竜に不覚をとったものの、
二日目は注目の大関候補を破り、三日目もうるさい相手を組みとめて勝利。
まずは幸先のいいスタート。
そしてここからが素晴らしい。

四日目 ○ 琴欧州 すくいなげ
五日目 ○ 把瑠都 よりたおし

9月場所は関脇以下に7勝3敗の星を収めながら、5人の横綱大関陣には全敗。
結果負け越し一つの口惜しい星取りに終わっています。
この11月場所では横綱白鵬は別格としても、
大関陣から何とか白星をもぎ取ることが課題でありました。

四日目の琴欧州戦。
先場所は相手を土俵際まで追い込みながら、
ふところ深い相手の引き技に敗れ去っています。
この日も同じ様な展開になりましたが、今回は決して前に落ちない。
苦し紛れに出した大関の上手投げをすくい投げで返し、見事勝利。

そして五日目。
豊真将今場所白眉の一番となったのが、この把瑠都戦でありましょう。
時間一杯、何と豊真将が、仕切り線のはるか後方に構えます。
いつもひたすら己の相撲を愚直なまでに取ろうとする豊真将が、
突如不可解な作戦をしかけてきた。
把瑠都は完全に面食らい、巨体の立ち合いも踏み込みが甘くなります。
しかしさすがに大関。得意の右上手をがっちり取る。
こりゃいけない、もう駄目かな、と思って見ていると、
豊真将は真正面から両差しで回しを引いた。
しかも両手の位置は結び目近くかなり深いところ。
198センチ188キロの把瑠都にそんな取り方をしては、
いい加減抱えられて振りまわされるのがオチでしょう。
なにしてる、自殺行為だと見るほうは嘆いていたら、
何と豊真将、把瑠都の巨体を無謀にもまともに吊りに出た。
ふわっと浮く大関の体。
まさかこんな大胆に仕掛けてくるとは夢にも思っていなかったであろう把瑠都。
慌てて上手から右に振りますが、
豊真将は両まわしを死んでも放さず、体を預けて寄り倒し。

豊真将会心の一番。
奇妙な仕切りで相手の動揺を誘い立ち合いを我が物とし、
上手をとってこれで十分と油断した相手にまさかの吊りで襲い掛かり、
巨漢大関を我が身もろとも見事土俵下に転落せしめた。

いつもの生真面目に自分のスタイルを貫くことにしか
関心がないかのような相撲振りから一転。
この日の豊真将は徹底的に仕掛けていく勝負師でありました。

殻を打ち破ったような相撲振りを見て私が思い出したのは、
場所前に出ていた雑誌のインタビュー。
三役の壁にはねかえされている現状に関し、
自分の相撲内容についてこんな思いを吐露している。

「誰でも自分の相撲を取ろうとしているわけだけど、
そればかり考えてしまって悩んでしまうのです。
変化しろとかではないのだけど、まともすぎるかなとか。
相手がいることですから、いつもいい形になれるわけでもないし。
自分十分になる前の段階の取り方について、考えなければいけないと思っています」

(大相撲中継2010年11月号『インタビュー新・素顔総見 豊真将紀行』より)

別冊NHKウィークリーステラ 大相撲中継 2010年 11月号 [雑誌]別冊NHKウィークリーステラ 大相撲中継 2010年 11月号 [雑誌]
(2010/10/23)
不明

商品詳細を見る


この思いが大舞台で花開いたのが、まさに把瑠都戦だったでしょう。
かくして豊真将二大関を撃破。
これはいける、生れ変った豊真将は三役確実、
来場所から大関挑戦だと気の早い私はテレビの前で踊りあがって喜んでいたのですが…

ちょっと長くなるので続きは次回。




スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。