スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀勢の里にだまされてはいけない

今更ながら、白鵬の連勝ストップについて。

今場所の二日目、稀勢の里が白鵬を破った瞬間、
私は正直言ってがっかりした。
連勝が止まったことにがっかりしたのではない。
止めたのが稀勢の里だったことにがっかりしたのである。

こちらの思いでどうにかなるものでないが、できることなら安美錦に破ってほしかったのだ。
幕内随一のクセ者といわれ、若いころからテクニシャンとしてならした安美錦。
しかし32歳となった現在、膝の具合は決していいように見えない。
一時は大関候補の声も上がりかけたが、もはやそれを望むのは難しいだろう。
であるならせめて、双葉山に対する安芸の海、大鵬に対する戸田、千代の富士に対する大乃国のように、
あの大記録の止め男、として歴史に名を刻んでほしかったのだ。

その栄誉を稀勢の里ごときに奪われてしまった。
私は残念でならない。

別に稀勢の里が嫌いなわけではない。
しかし6年前の入幕以来、散々相撲ファンの期待を集めておきながら
ことごとく裏切り続けたこの人。

平幕では大勝ちするから大関も近いかと思わせておいて、
いざ三役にあがればハチナナ、クンロクがやっとの星。
いつまで経っても腰高で、脇も甘くて右からの攻めも今一つなまま。

もう稀勢の里は駄目だ、諦めた、
まあ三十すぎて大関に上がる人だっているしな、
当分期待しないでおこう、
そう見るものに思わせておいて、とつぜん今回の快挙である。

何を考えているのか分からない。

テレビの解説者は、白鵬戦をきっかけに稀勢の里の相撲が変わってきたという。
しかし私にはどこが変わってきたのかさっぱり分からなかった。
ファンもここから大関取りのスタートと期待しているとメディアは伝えるが、
ほんとにみんなそんなこと期待しているのだろうか。

朝青龍が7連覇の後、ちょっと調子を落していた時分、
稀勢の里が3度目の対戦、真っ向勝負で初めて破ったことがあった。
期待もあいまって、これで稀勢の里がのし上がっていく、覇者交代かと思われたものだった。

(↓の動画中、一番最初の取り組み)


しかし交代したのは白鵬であった。

今回の盛り上がりはその当時を連想させる。
稀勢の里にだまされてはいけないのだ。







スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。