スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めざせ運動会

23日に国技館で開催 大相撲ファン感謝デー

日本相撲協会は9日、東京・両国国技館で23日に実施する横綱審議委員会によるけいこ総見(一般無料公開)の後に「ファン感謝デー」を開催すると発表した。

相撲協会が「史上初」と銘打つこの企画では、来場者に配るくじの当選者500人へ横綱、大関本人が直筆色紙を手渡す。関脇以下の幕内力士全員による握手会、協会公式キャラクターの主人公「ひよの山」のクリアファイルのプレゼントなども行われる。

二所ノ関広報部長(元関脇金剛)は「今年は一連の不祥事で大変迷惑を掛けた。ファンに愛される協会を目指しており、今後もこういうイベントをどしどし企画したい」と話した。


人気回復に必死の日本相撲協会。
頑張っています。

こういうプレゼント企画は「史上初」なのかもしれませんが、
ファンへの感謝イベントって昔はたびたび行なわれていたような…

何か運動会とかテレビでやっていたよな、と動画を探してみたらあった。



初めは逆鉾(現井筒)と起利錦(現浅香山)による白雪姫。
これはひどい(笑)
後のほうになるともっとひどいのが出てくる。

調べてみると平成3年6月に行なわれたもの。
千代の富士が「体力の限界!」と言って引退したのがこの前の月の夏場所です。
第一人者がいなくなったことで大相撲が一気に戦国時代に突入し、
年間6場所全て違う力士が優勝した年でもありました。

まあいい時代でしたね。
若貴フィーバーで大相撲が世間から愛されまくっていた時代の映像です。
今こんなことをやったら、また品格がどうのと言われてしまいそう。
まずは地道なファンとの交流からやり直すしかないのでしょう。


いつかは栃煌山のバレリーナ姿でも見られるようになるといいのですが…


スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。